徐々に移り変わる自然の摂理

【徐々に移り変わる自然の摂理】

自然の変化とは徐々に移り変わるものです。

 

日々の生活の中で全てにおいて便利な日常となりました。

 

ご飯を食べたいと思えばすぐに食べることができます。

 

朝の目覚めは、目覚ましによって目を覚まし、すぐに身支度をし家を出ます。

 

何事も電気のスイッチを切ったり入れたりするような変化の日常を過ごしています。

 

古の言葉

「天人合一」

天と人は同じである

 

自然界の変化は人に影響するという意味であり、

 

それに適応することが、自然なのです。

 

明るければ活動し、暗くなれば休む。

 

暖かければ開き、寒くなれば塞ぐ。

 

その変化は急激なものではありません。

 

朝は徐々に明るくなり、夕方には徐々に暗くなる。

 

季節の変化も同じく徐々に変化するものです。

 

自然に添うほど物事はうまくいき、心身ともに健康になります。

 

本来、食事は料理や準備をし、

 

消化の良いものから食します。

 

朝は目が覚めてもすぐに起き上がらず、

 

目が覚めた状態で布団の外の気温に慣れてから

 

起き上がるのが健康に良いといわれています。

 

いつしか時間や手間を短縮するがあまりに

 

不自然な変化を行ってしまう。

 

今一度『自然な変化』を

 

中村元鴻。 Genko Nakamura