三心(気功で実践すべきは…)

三心

日本では「一病息災」

中国では「苦を楽となす」

小さな不調や病を受け入れ、身体や健康に対する意識を高めること。

現代のストレス社会において、気功は、ストレスをストレスと思わせない境地が得られ、強く生きることができる方法。

気功で実践すべきは「三心」決心・信心・恒心(継続)です。

 

健康元鴻(けんこうげんこう)

中村元鴻 Genko Nakamura