気功三要素・気功の調息(呼吸)<学びのおはなし>

気功の調息(呼吸)

調息は呼吸をコントロールすることで、自分自身の気を調整して、意に従うよう修練することです。これらた練気の重要な一環です。

これを使って人体の真気を蓄積し、発動と運行する主な方法です。調息は気血を調和して内臓への按摩作用ができるだけでなく、同時に思想の安定と身体のリラックスを助けることができます。調息は次のように行います。

自然呼吸法:

意念を加えず、自然呼吸する。

順複式呼吸法:

吸うときに横隔膜を下げ、腹部は膨らみ、吐くときは横隔膜が上昇し腹部は内に凹ます呼吸法。

逆複式呼吸法:

順複式と反対の方法で、吸う時に腹部を内収し、吐く時に腹部を外に膨らませる呼吸法。

停閉息呼吸法:

吸った(吐いた)後、一時呼吸を停止して再び吐く(吸う)方法。

鼻吸口呼法:

鼻ですって、口で吐く呼吸法。

読字呼吸法:

吸う時数字を黙読するのに合わせて行う呼吸法。

踵息法:

深く呼吸するイメージで“意守(意識を留める)”と合わせて、吸う時は気を足の湧泉穴に導く。

小周天呼吸法:

吸う時の意念は百会→壇中→丹田→会陰:吐く時、意念は会陰→尾骨→脊髄→玉枕→百会まで。

鼻呼吸で行い、気は任督脈をめぐる呼吸法。気を通す任督脈法ともいう。

真息法:

外から見える呼吸は停止しているようであり、実際は腹部で呼吸している。古くは“胎息法”という。

潜呼吸法:

呼吸の1回の時間は長く、細く長く均一であり、はっきりした感覚はない。一種の深呼吸法。

開合呼吸法:

“体呼吸法”とも言われ、“体息法”の基礎に則って行う呼吸法。意念で全身の毛穴を開け閉めし、それに従って呼吸をする。

全身の毛穴全部で呼吸充満の開合感覚である。“毛孔呼吸法”ともいう。​

健康元鴻(けんこうげんこう)

中村元鴻 Genko Nakamura