いつも穏やに… お平らに

『氣』とは心の状態を表すもの。

心の状態とはバランス。

ストレスが加われば、それを思考、活動、言動、休息、食などで調整します。

最も理想的な『氣』の状態とは、心が穏やかであること。心が穏やかであれば氣は充満してよく流れます。氣は足りなくても(不足)、足り過ぎても(旺盛)、問題が起きやすく、さらに氣は能動的で絶えず動き続けることが必要なので、滞ることもよくありません。

それらを解消するには〝穏やか〟であること。

気功で『練氣』という氣を練るということは、常に穏やかな心を保ち、その基礎である呼吸、身体、心を調整するところにあります。その絶え間ない穏やかな氣の状態が自己回復力を高め、潜在能力をも高めます。 いつも穏やにお平らに。

健康元鴻(けんこうげんこう)

中村元鴻 Genko Nakamura