医、信じざれば、その病癒えず

人は病を早くに予知し、早期に治療を始めれば、病は治り、身体は生きることができます。人が心配するのは病になることであり、医者が心配するのは治療方法が不足していること。

<病の6つの不治>

1驕り高ぶり、道理を無視する

2身を軽んじ、財を重んじる

3衣服や食物が妥当でない

4氣が定まらない

5身体がやせ衰えて弱る

6巫女を信じて医者を信じない

『信じられる』には、技術の高さや、知識の量で得られるものではない。必要不可欠なのは〝人格〟である。そして、さらに重要なことは、良い結果に向かって〝諦めない〟動じない心を持っていること。人を診る、人に教える、人を改善するには、心も体も強靭でなければならない。いわゆる〝頼られる〟人格であること。

上記の「6つの不治」は回復させる側にも当てはまる。

<医者の6つの不治>

1驕り高ぶり、人格を無視する

2人を軽んじ、財を重んじる

3仕事と休息バランスが妥当でない

4氣が定まらない

5医者の不養生

6エビデンスを信じ感覚を信じない

 

健康元鴻(けんこうげんこう)

中村元鴻 Genko Nakamura