発展と伝統の繰り返し

概念や定義、哲学は、一つの面でしかない。

点から線、線から面、面から円、円から球へ

事物は無極から、虚実、盛衰、陰陽という二儀を生じ、

東西南北、春夏秋冬という四象を生じ、

乾兌離震巽坎艮坤という八卦を生じ、無極へと帰る。

発展と伝統の繰り返しに似たり。

自然であること

感じること

 

 

健康元鴻(けんこうげんこう)

中村元鴻 Genko Nakamura