CATEGORY

気功

氣機

氣機 「氣機(きき)」とは氣の流れのこと。 「氣の流れ」とは、未来を見る能力を高めること。 人生で言えば、理想を実現に変えていくこと。 仕事で言えば、充実した事業によって経済を得ること。 身体で言えば、健康を維持し、寿命 […]

氣の消耗

氣の消耗 我慢、忍耐、愚痴、妬み、 偏り、固執..は氣の消耗。   氣とは生命の寿命であり、 日々失っていくもの。 氣が人体から無くなれば死を迎え、 氣が滞れば病になり、 氣が過剰であれば発散し過ぎ、 氣が逆上すれば激し […]

站椿功(たんとうこう)

站椿功(たんとうこう) 理氣、採氣、益氣   松静自然 動静結合 上虚下実 意氣相随 練養相兼 天人合一 排除雑念 意守丹田..

香港採氣

香港採氣 文明によって忘れてしまった、 本来人間が持っている様々な能力は、 大自然の中でエネルギー感じ、心 身を癒すことによって呼び覚ますことができます。   太陽の光、風、波の音、 虫の声を感じ、 氣を補充することを […]

剛柔相隋 形神合一

剛柔相隋 形神合一 気功は現代社会のストレスへの対処。 自己回復力・自然治癒力の向上、危険回避能力、潜在能力の開発、 心身統一の精神修練などに応用されています。   その伝統は3000年以上にわたり、受け継がれ […]

いつも穏やに… お平らに

いつも穏やに… お平らに 『氣』とは心の状態を表すもの。 心の状態とはバランス。 ストレスが加われば、それを思考、活動、言動、休息、食などで調整します。   最も理想的な『氣』の状態とは、心が穏やか […]

氣は環境を決める

氣は環境を決める 氣は活動する場所、住居を始め、決断、興味のわく事柄、食、睡眠、思考に関連する。   氣には陰陽があり、常にバランスとっている。 陽の氣は暖かく、おおらかで、リラックスができ、ポジティブである。 陰の氣は […]

上虚下実

上虚下実 視界に入ってくるものは上にあり、それを形成しているものは下にある。   虚実は能動の必須条件。 緩めなければ、緊張できず、息を吐かなければ、吸えず、力を抜かねば、入れられない。   〝下実〟は陰。〝上虚〟は陽。 […]

氣を鍛錬するとは

氣を鍛錬するとは 寒暖乾湿、広狭高低、五感、 場所、人によって、 脈拍、体温、皮膚の収縮など、 心身の状態と感覚の 繊細な変化を 認識するものこそが、 気の鍛錬である。   それは、 殺気や天災などの 危険回避能力を開花 […]

三心

三心(気功で実践すべきもの) 日本では「一病息災」   中国では「苦を楽となす」   小さな不調や病を受け入れ、身体や健康に対する意識を高めること。   現代のストレス社会において、気功は、 […]