〝武〟と〝医〟の世界が通ずるのか?

〝武〟の世界と〝医〟の世界が

何故、通ずるのかと問われます。

その問いが出るということは、

〝武〟は『人を傷つけるもの』

『闘うもの』

『人に被害を被らせるもの』

という認識だと捉えられます。

そんな認識のものが、

何故、伝統を持てるのか?

何故、歴史的に世界へ普及するのか?

何故、テクノロジーが発展しても行うのか?

〝武〟は守る術(すべ)です。

戦わない術です。

心身を高める術です。

〝武〟は人を助ける術です。

では〝医〟の目的は

何なのでしょうか。

病を治す術なのでしょうか?

病は人を傷つけ、

被害をもたらせ、

闘うものと認識されています。

〝医〟は病から守り、

被害を最小限で止め、

病と闘わなくても

良い方法のはずです。

〝医〟は病を治す術ではなく、

人と共に病から

回復するための補助です。

病を治すのは本人です。

〝医〟は、その助けを

しているものです。

〝武〟も〝医〟も

命に向き合い、

人を助けるもの。

〝武〟は傷つけるもの

ではなく

〝医〟は治すもの

でもない。

どちらも認識の問題。

 

 

健康元鴻(けんこうげんこう)

中村元鴻 Genko Nakamura