兵法養生訓『平肝』

兵法養生訓『平肝』

「肝とは、将軍の官であり、謀慮が出る」五行の木に属し、曲直(正邪)。

 

『平肝』のススメ

肝が上昇し過ぎると脾胃を痛め、肝が下降し過ぎると心を脅かす。

 

<血を収める>

氣とともに、血を貯蔵し、流れる量を調整。

「人動けば、血は諸経を巡り、人静まれば、血は肝の臓に帰る」

 

<疎泄>

肉体及び精神面での分散・疎泄する。

肉体…消化

精神…氣の流れ

 

<筋を主どる>

体が軽快に動く

兵法養生訓『平肝』
最新情報をチェックしよう!