病まない心身

病まない心身

睡眠や休息の不足は、精神的な病の原因となり、夜遅くの食は、身体のバランスを崩します。

休息が不足すると、肉体は熱量が不足し、常に興奮状態を維持しようと、さらに休まなくなります。

心身の疲労やストレスを感じなくなり、身体は蓄えやすい体質となり、食は熱性のものや寒性のものを欲します。

 

この時点では既に心身のバランスが崩れ、自分自身が喜ぶことを選ばなくなります。

 

この状態を“病んでいる”と言います。

 

病まない心身を作るには、寝ること、休むこと..

病まない心身
最新情報をチェックしよう!