抱元守一

人が生命を受けた、たった一つの〝元の氣〟を抱えて守るという意味。

「氣」の根本的な原理原則は「氣」の消耗の節約です。

「氣」は寿命と同じであり、消滅すれば死を迎えます。

 

物質的なものは陰、目に見えない非物質的なものは陽。

全てはこの相反するものによって、発展し維持されてきました。

開拓するものは陽であり、守護するものは陰です。

カラダに良い影響をもたらす様々な栄養素のいくら摂取しても、

目に見えない非物質である「氣」というエネルギーが消耗すれば

老いは早まり、病になりやすくなってしまいます。

 

「氣」が消耗してしまう原因とは…

心身の緊張、疲労、我慢、騒がしく、忙しく、怒り、心が穏やかでない、休まない、寝ない、つまらない日々など、

精神的な汚染が「氣」という生命を維持していくために必要なエネルギーの浪費となります。

空気、カビ、食物におけるものは物質的汚染であり、それを解消する条件がいくら整っていても精神的汚染によって「氣」を消耗してしまいます。

 

 

「氣」エネルギーの補充は浪費・消耗の節約をすることです。

 

「氣」の節約とは静かに、穏やかに、心が平安であり、怒らず、無理せず、楽しく、

心地よく過ごすことにより老いを抑え、心身ともに若々しく、自然回復力を呼び起こし、病になりにくくなります。

 

穏やかな日々を。

 

中村元鴻。